ブログ

Blogs

久万高原ラリーの結果は?

こんにちは、取材係029です
現地でお伝えしてきました久万高原ラリーの結果のご報告です

JN3クラスに参戦した石川選手と竹原選手ですが・・・
SS8を走行後にマシンをチェックすると左リヤの異常に気づき改めて確認すると
リヤタイヤが繋がっているビームにヒビが入っているではありませんか?
外見を確認すると片側だけキャンパーがついている状態です。

この部分が折れると走行不可能です

監督から『ギャラリーステージのSS9をゆっくり走行し何とかこのラリー最後のサービスまでたどり着くこと』と指示が飛び 何とかサービスに戻るが現車を確認すると最悪の状態です

そして、30分のサービスで応急処置。『対応策は破損部分の溶接です』

石川選手、竹原選手もマシンの状況を心配そうに見守っています

他のチームから溶接機を調達し谷さんが破損した部分の溶接を行い何とか送り出したものの
SS10を走行中にリタイヤの報告が・・・無念にもここでリタイヤとなりました
ARTAオートバックスヴィッツの1日目の調子が良かっただけに今回のリタイヤは残念でなりません。
次回は福島ラリーでここもグラベルです。しっかりマシンもエントラントもケアし
今度こそは表彰台にのります。

そして増川選手、赤木選手は?
雨の2日目!!なかなかタイムが上がらない
特に登りのSSで苦戦している様です。リヤの減衰を調整するも順位を落とし
結果は6位入賞でした。

サービスで応援に駆け付けたスタッフと一緒に

左から:平永さん(AB砺波店)増川選手、平田さん(AB砺波)、赤木選手、高橋さん(ピューマ)

今回も、いろいろな方に助けていただきラリーを終えることが出来ました、本当にありがとうございました
そして、多くのファンの方の応援が本当に励みになりました
ARTAオートバックスヴィッツは今回もリタイヤという結果でしたが
次回の福島ラリーはチーム一丸となり2台の完走を目指します。